家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

生活の三大資金

住宅資金

■住宅ローンモデルプラン(2)ディンクス世帯

ディンクス(DINKS)とはダブルインカムノーキッズの略で、共働きで子供がいない世帯です。この世帯は、収入の柱が二本あるため、比較的資金余裕度が高く攻めの姿勢で資金計画を考える事ができます。

ディンクス世帯向けモデルプラン(図参照)

  • ・元利均等返済で2種類のローンを組み合わせる
  • ・借入額3000万円
  • ・ローン内訳
    固定金利ローン:借入額2400万円 期間35年 金利2.65%固定
    変動金利ローン:借入額600万円  期間 5年 金利1.65%変動
  • ・総支払額4310万円(内訳:固定金利分3685万円、変動金利分625万円)

ディンクス

固定金利と変動金利を組み合わせたミックスプランです。2400万円を35年間固定金利型ローン、600万円を5年間変動金利型ローンで組み、当初5年間で集中して返済します。3000万円全額を金利2.65%の固定金利ローンにすると総返済額は4606万円ですので、ミックスプランにした事により、総返済額を300万円減らせる可能性があります。もちろん、変動金利ローンの金利が2.65%より上がってしまうと逆に総返済額は増えてしまうので注意が必要です。

FPからのアドバイス

  • ・夫婦のどちらかが仕事を辞めることが想定されるなら、将来の住居費が減ることへの考慮が必要
  • ・双方の収入が高い場合、それぞれ住宅ローンを組むとそれぞれ住宅ローン控除が使える。ただし、各種契約手数料も2倍になるので、必ず得になるわけではない
  • ・ローン申込者本人の年収だけでは希望する借入金額が借り入れできない場合、パートナーの年収を申込者の年収に収入合算すれば、借り入れ額を増やすことができる